全ての細菌・ウィルスから身を守る究極の除菌水「次亜塩素酸水」の効果



除菌力と安全性について




安全性除菌力ともに、


高水準です!!


除菌力のメカニズムと安全性



除菌効果は、電荷を持たない次亜塩素酸(HOCl)の濃度に強く依存します。

これは、微生物細胞内部へのHOClの透過性と節度に関係しているからです。
電荷を持たない次亜塩素酸(HOCl)は、適度の分子サイズ(低分子量)と電気的中性の性質から、
受動拡散により容易に細胞壁と細胞膜(脂質二重層)を通過するため
細胞の外部と内部の両面から酸化作用を及ぼします。

その結果!!

次亜塩素酸(HOCl)による細菌細胞や芽胞菌の除菌速度および不活化は著しく大きくなるのです。

体内での次亜塩素酸の生成


次亜塩素酸水)は、強力な除菌力がありながら、なぜ安全なのかというと・・・
体内に侵入した細菌などの異物は活性酸素によって分解されていると言われていますが、
実際には、次亜塩素酸に変化した形で分解しています!
好中球(白血球の一種)に含まれるミエロペルオキシダーゼという酵素が、
活性酸素の一種である過酸化水素(H2O2)を塩化物イオン(Cl-)と化学反応させて、
次亜塩素酸(HOCl)を作り出しているのです!

次亜塩素酸の安全性


次亜塩素酸は私たちの体内でも作られ、細菌や異物を分解しています。
生命は数億年をかけ

次亜塩素酸の、血液中での安全性を証明してきたのです。


次亜塩素酸水
とは

次亜塩素酸ナトリウム
との違い

次亜塩素酸水の
効果

次亜塩素酸水の
安全性

次亜塩素酸水の
使い方

Copyright(C)2015 株式会社アクシス All Rights Reserved.


ノロウィルスにも効果を発揮する次亜塩素酸水の効果を分かりやすく説明したサイトで、

次亜塩素酸ナトリウム(漂白剤)と次亜塩素酸水との違いもよく理解できると思います。